FC2ブログ

始めに説明書は読んで置いてください。
更新しているのにコメント反応しないときは、大概予約更新です。

朝起きたときは寒いんだけど、
電車と会社が暑い。
そんな季節になりました。
布団から出たくありません。
それは年中か。

しかし、今朝はきいこの塾の月謝を払っていないことに、
はたと気付いて大騒ぎ。
手紙を見ていないなとは思っていたのですが、
すなわち月謝袋が出ていないことに、
繋がらなかったのよね。
明日持たせるしかない。実にみっともない。

折角月間成績も上がっていたのに台無しです。
しかもきいこに全く反省の色なし。
こないだは学年便りも来なかったし、
ランドセルの中がカオスになっていそうです。
言わなきゃ当たり前のように忘れ、
言っても出さない。
なんとかならんのか、あれは。
最終的に自分が痛い目見るのもだけど、
周りに迷惑かけるからなー

それでも算盤7級試験に受かったそうです。
凄いのか、普通なのか、さっぱりわからぬ。
まあ、庭の済に勝手に生えてきた紫蘇に、
大量に住み着いたバッタに毎日大騒ぎするなら、
他にすることはあるのではないかと思います。

なんか、どっかからか種が飛んできたらしいのよね。
コンクリと壁の隙間から生えてきたのよね。
そのくせ、うちの庭で一二を争う生きの良さなのよね。
一応、正式なナンバーワンは西洋鬼灯です。
しかし、あれももうすぐ枯れる予定。
全く花が咲かないと思い続けていましたが、
本来の生息地の環境上、暑いのが好きだけど、
日に当たりすぎると花が咲かない&実が落ちるのだとか。
結果、日が短くなった冬に花を咲かせ、寒さにやられるという。
日本の環境に有ってないということですな。
遮光してやるといいらしいですよ。無茶を言うなあ。

ブルーベリーはコガネムシを警戒しすぎて、
体調良かったのも、悪かったのも、
全く根が出ておりません。
今年は杉バーグメインの土にしましたが、
いまいち効果がなかったようです。
枯れもしないけど、回復するほどでもなかった模様。
もっと酸素を含んだフカフカの土にと、
杉皮を更に追加したところ、
ここに来て微妙に具合が良くなったような、
変わってないような。
ともかく、根っこを出すがよろしい。

そろそろ蚊も居なくなってきたし、
暑くもないし、庭の手入れをしたいなと思いはするのですが、
やらないなあ。
だって、穴掘りって歩数稼げないしな。

そう、10月より、毎日8000歩、
可能であれば9000歩以上歩く、
健康保険組合のキャンペーンに参加しているのです。
課長命令です。
チーム組むと楽になるからとかなんとか。
強引に誘われて、人数合わせと渋々参加した人たちまで、
なんかやる気になっちゃって、
マイカー通勤を電車に変えたり、朝や昼休みに歩き始めたり、
エレベーターをやめて階段を登り始めたり、
もう、大変です。
歩数は保険組合のHPで公開されるので、
ノルマを達成していないと非難を受けることに。

っていうか、部長が課長と親会社の課長のダブル攻撃を受けている。

部長、土日泳いでいる分、うちより運動してるのにね。
泳ぐのは歩数カウントされないからね。

かく言う私も、
普通に通勤していると往復で大体6000歩行くか、行かないかなので、
大体2000歩足らず、毎晩部屋で足踏みをするはめに陥っております。
万歩計代わりの携帯持って足踏みするのは、
非常に退屈ですが、さりとて外に散歩に行くほどの時間は無し。
きいこも早く布団に押し込まないといけないし。

そこまでして歩いているのに、
健康になった気は全くしません。
むしろプレッシャーで精神に悪い!

頑張ってる人たちは痩せたり筋肉が付いたりしてるらしいですけどね。
8000歩程度じゃ変化はないよ。
もう、10月末ですね。
懲りもせず、月末になると、
同じフレーズを言っている気がします。
今月は特に更新率が悪くて、この記事いれて3回、
小話も一行たりとも書けてない。

一応千晴さんの話を進めていて、
漸くポール君が参戦したのですが、
切りが悪いし、完成度も低いしで、
今月は見送って、
別途なんか書いた方がよかろうと思います。
しかし、それがまず、なんもしとらんと言う。
漸く更新ノルマに追い付いたと言うのに。

キーボードがないと、
やっぱり進みませんね。
キーボードが有っても進みませんがね。
書いたものを読み返し、
何度数えたところで記事は増えません。

同時にいくら眺めたところで、
有休管理表は埋まりません。
休ませろよマジで。
今季期日分が15日は余ってんだよ。

仕事とPTA以外の事をしたい。
しかし、今週末も廃品回収とゴミ拾いと運動会です。
競技に出なくて済んだので、
一安心したような、つまらないような。
競技にでない運動会に意味あるのか。
代わりにちゅるやさんをあちこちに叩き込みましたけどね。
競技ごとに年齢制限とかあるから仕方ない。

そして年賀状を申し込まなきゃ、
期日に間に合わないのを、今思い出しました。
スマホのカメラ機能が無駄に優秀なだけに、
データが使えない予感がヒシヒシとする。
きいこが写真に撮りたくなる動きをしないんですよね。
してても、カメラ起動させないんですよね。
怠惰! 怠惰!

何かしら見繕おうと思います。
ちゅるやさんが何か使えそうなのを、
撮ってれば良かったのですが、
似たり寄ったりでした。
加えて最近きいこが写真をいやがるので、
顔がまともに写ってないのです。

「子供の写真を使うのは限界かもしれない。
このトマトくわてるのは?」
「あからさまに変過ぎて後で恨まれるぞ。」

きいこの写真が限界とかではなく、
ちゅるやさんのセンスが限界かもしれない。
ブログが更新したいなあと思いつつ、
何も書かずに時間だけが過ぎていきます。
だって、何も思い付かんのだもん。
会社のことを書くのを厳禁にした途端にこれだ。

同時進行で、禁止して良かったと思っています。
うっかり解禁した暁には文句が山のように...!
全く、自重は大事だ。

地味に何か書きたい気分にはなっているんですけどね。
ブログの訪問履歴とか、訪問先のリンク先とか、
あちこちふらふらして、
作品をUPしてる方のところでは、
拝見させていただいている結果、
地味に触発されています。

しかし、サイトによって、
作品の公開の仕方は様々なので、
読みやすいところもあれば、
次の記事が探しづらいところもあって、
話は面白いんだけど、続きに進めなくて、
読むのをやめちゃったりすることもあるので、
もったいないなあと。
そういう意味じゃ、ただのブログ記事だけな、
うちのサイトも読みづらいのかねと、
思ったり思わなかったり。
纏めは別途作ってるし、
そもそも一話完結もどきだから、
続きもへったくれもないけどさ。

まあ、どんなサイトでも、BL系じゃない限り、
まず1作品は読んでます。
コメント残したりする元気はないとはいえ、
ジャンル問わずに読ませていただいているので、
なかには官能小説なんかもあったりします。

って言うか、
袖すり合うも何かの縁的に、わざわざやり取りして、
公開先聞き出したひとの作品が、
そっち系だったことがあって、
今、非常にコメントに困っています。
折角教えてもらったのに、感想ひとつ言わないのも失礼だし、
さりとて、何を言っていいのやら。
中身には触れず、文章のタッチあたりを誉めて、
何とかしようと考えあぐねいています。
いや、その人、普通に文章は上手くて、
読んでいて違和感もないし、作風というか、
柔らかい雰囲気が自然に伝わってくるので、
とてもいいと思うんですよ。

でも、中身は人外系エロ。
小説を読むつもりで読んでる時って、
そういうスイッチ切れちゃうと言うか、
色々枯れ果ててるので、なんとも思わないが故に、
余計にコメントに困るというか。
まあ、濡れ場はスルーですよね、普通に。

正直、そういう場面で何をするかなんて、
全く興味がないのですよ。
同時進行で戦闘シーンとか世界感やシステム説明も、
スルーする傾向があります。
んなもん読まなくたって、話の筋が判ればいいわ。
全部読んでみて面白かったものは読み直すし、
特に問題ない。

等とぬかしていたら、ちゅるやさんに、
「読ませ甲斐のない嫌な奴」的評価をいただきました。
適切な評価だと思います。悔い改めないけど。

そんなちゅるやさんは、
うちのタブレットを横取りして、
面白いゲームがないか、探しています。
なのでスマホにキーボードを接続して書いています。
結局、これでよいのだなあ。
画面ちっちゃいけどね。
次は素直にポメラを買おう。

まあ、それはそれとして、
世の中には色んなひとがいて、
色んなテーマがあるので、やっぱりサイトの渡り歩きは楽しいなと思います。
ヨーロッパを舞台にした音楽家の話とか、
ファンタジーっぽい設定でありながら、
ハードボイルドとか。
最近、面白かったのは、
古代ローマを舞台にした作品かなあ。
横から覗いたきいこが、
突然「みちのくの…」と百人一首を読み出して、
何かと思ったらサイト主様の名前の由来だったりしたことも。
あいつ、時々変な神が降りるな。

膨大な知識や経験から産み出される、
細やかな設定とか、
繊細な文章とかをみていると、すごいなとか、
自分にはこういう作品は書けないなとかも、
思いはするんですけれど、幸いなことに、
あんまり羨ましくはないですね。
己に技術も知識もないのは分かっているけど、
ひとを羨んだところで身に付くわけでなし。
その辺は気にせず、
ただ、書き上げることだけを考えたいです。

でないと何時まで経っても終わらんからな!

正味真面目な話、最大の問題は速度なんだよ。
それ意外のことは、少なくとも今はどうでもいいよ。
まずは形にしないと、なにも始まらないんだよ。
ブログの小まめな更新だけだって、
やるのとやらないのでは、大分違うんだろうな。

だから、ちゅるやさんは、
そろそろタブレットを返してくれるといいと思います。
今、書きかけのデータはみんなあっちだ。

それ以上にポメラの中に、
まだ移してないデータが残ってるんだけど、
あれもどうしたもんでしょうな。
まあ、そのうち考えます。

兎も角、ちゅるやさんは以下略。
ひとのタブレッドでリセマラしなくていいよ。
台風は偉い勢いでしたが
被害はなかったでしょうか。
物凄い風の音や、家がグラグラ揺れてた割に、
空の植木鉢が転がって、植木が何本か倒れただけで済みました。
家はな。

仕事は通勤から帰宅まで、
あれこれ山のようでしたが、
会社の話しはしないと誓ったばかりなので、
何も書きません。

職場は勿論、通勤中も仕事の範囲だから、
何も書きません。
このままだと、朝食と夕飯の事ぐらいしか、
書くことがない!

朝はパン一個と珈琲だけ、
夜はまだ、食ってないけども。
昼食は珍しく外食でしたが、
今月から入るお姉さんの、
歓迎会という名の会議費だから、書きません。
イベリコ豚のしゃぶしゃぶは大層旨かった。

後、夜の間ずっと嵐だったのに、
きいこもちゅるやさんも全く動じず、
プウプウ寝てました。
あの五月蝿い中でよく寝れるものだと感心。
今日はきいこの運動会でした。
雨が降ってたので三分の一だけやって、終わりになりました。
残りは火曜日だそうです。
まあ、台風も来てるし仕方ない。

しかし、9月も終わるんですね。
ここのところ、本当に月日の過ぎる感覚がなく、
あれこれイベントをこなしているから、
時間は経っているのだろうけれど、
今ひとつ、実感がありません。
そして、ふとしたことで時間の経過に気がついて青くなる。

それ以上に青くなっているのが己の歪みっぷりです。
もう、人の悪口を言うのが当たり前になっていて、
やばいと分かっているのに直せない。
ネタにするにも品の良いことじゃないのは分かってる。
でも、口が勝手に同じ話題をしゃべる。
同時進行で言葉遣いも相当悪くなってる。
何より、柄が悪くなったというより歪んだ、
己がおかしくなってる実感がある。

いや、それら全て元々だろと言われれば、
その通りなんだけども。
認める。
性格が非常に悪いのも、
歪んでおかしいのも、以前からです!

しかし、個人の正義感など他者からすれば、
自分勝手な価値観に凝り固まった独善の押し付けでしかない。
正当な理由があっても、他者への非難は、
関係のないものからすれば不快な罵詈雑言でしかない。
そんな当たり前のことを、ひしひしと痛感しているにも関わらず、
他人への不満が口からこぼれて止まらない現状に、
危機感を覚えます。
大人として、何より人として、不味いじゃすまないだろう。
だいたい、確かにここ3年間、色々酷かったけども、
それを主張して、
「私は大変だったんです。今も大変で可愛そうなんです!」
などと、アピールするのは非常にみっともない。

それを言っちゃえば、この自己整理も公な場、
ブログ上でやっている以上、同様なんだけども。
嫌いな人のせいで、己の品位まで貶めているのは、
本当に腹立たしいので、ここらで本当に根絶せねばと思います。
会社の話題はもう、やめよう、真面目な話。

しかし、上司'Sが今度生保の試験受けに行くんだけど、
毎日お互いに、
「お前、ガリ勉してんじゃねーよ!」
「お前こそ、通勤時間に勉強してるんだろ!」的な、
どこの学生だ的な喧嘩をしているのは、
話してもいいだろうか。

アウトラインを判別できない以上、
全てを禁止するが妥当とは思うんだけど、
ネタの宝庫でもあるだけに、やめられない。
けど、結局それが悪癖を発動させるきっかけなんだから、
やめるべきだな。うん、やめよう。

そして途端に話題がなくなる己の引き出しの少なさ。
絶望的過ぎて、むしろ楽しくなってきた。
 
まあ、10月には色々落ち着くはずなので、
改めていろいろ自重しようと思います。
10月は所沢祭りがあるので色々怖いんだけど。
その辺も踏まえて、上手くやろう。そうしよう。
出来るのか? 無理な気がする!

取り急ぎ、まずは言葉遣いからですかね。
反省だけなら猿でも出来るけど、
反省すらしないと、何も始まらないからなー

ぼちぼち、頑張ろうと思います。
と、書いたところで明日9時からお祭りの手伝いなのに、
既に日付が変わっていることに文句が言いたい、今日この頃です。
何をやってるんだかwww
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

志士朗

Author:志士朗
適当6割、捏造3割。
残り1割に、真実が混ざってないことも、
ないかもしれない。
取り合えず、閲覧は自己責任で。
「説明書」は読んでおいてください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク